ビッグデータ活用サービス

◆情報活用について3つの質問

◇Question1:在庫/廃棄ロス、機会損失というキーワードを社内で耳にしませんか?

・在庫/廃棄ロス:経験と勘のみで判断された「アバウトな数字」によるコストロス

・機会損失:判断・行動の遅れによりタイミングを逸するチャンスロス

→◇原点は経験と勘。それを裏付け最速で最大効果を引き出すための情報活用。 

「経験」に裏付けられた「勘やひらめき」は人間の優れた能力ですが、反面「思い込み」や「判断要素の欠如」などにより、思わぬブレを生じることがあります。その結果、企業活動においては、在庫/廃棄ロスに繋がります。一方、情報を活用した場合でも、そこに多くの時間をかけてしまっては本末転倒です。ビジネスにおいては、1時間、1分、1秒の差によりチャンスロスを招くこともあります。「経験と勘」による仮説と、「鮮度の高い情報活用」によるハイブリッド経営が、最大の費用対効果を生み出す源泉となります。

 

◇Question2:特定の人への依存度が高すぎて、ボトルネックが生じていませんか?

→◇情報は企業の血流です。共有することで効果が最大化します。

企業の中では、専門性の高い職種について「この人でなければ」という属人的になる傾向があります。

しかし、継続性が途切れたり、キャパシティオーバーなどにより機能しなくなった時点でボトルネックとなり、業務・経営の遂行に大きなダメージとなります。属人的になっている経験則を、システムに反映させることで、より多くのスタッフがノウハウを共有できます。それによって、経営活動を正しく可視化共有することでベクトルが強固にまとまり、ビジョン実現のための組織力が強化されます。

 

◇Question3:情報活用・分析への取り組みを「まだ早い」と考えてはいませんか?

→◇成長し続ける企業の多くは、情報活用に積極的です。

現状と目標や過去との対比、競合や市場との対比など、自社の今を正しく数値で把握した上で、迅速で確実に次なる手を打ち成果を上げています。企業の成長戦略に必要不可欠な「情報活用基盤」を身の丈に合った方法で行うことを推奨します。

 

◆情報活用システム導入 5つのポイント

1.操作が簡単であること(直観的で見やすい)

・パソコン基本操作ができればレベルから利用可能

・一定の条件変更は利用者が行えること(対象条件などの変更)

2.みんなで共有できること(スピード&コスト)

・思考のスピードと比べ、著しくレスポンスが遅れないこと

・情報共有の範囲の拡大に伴うコスト増が適当であること

3.ビジネスシーンに合った運用ができること(利用場所、利用端末など)

・オフィス内に限らずあらゆる環境で閲覧できること

・パソコンだけでなく、タブレット端末などでも閲覧できること

4.豊富な種類の情報を閲覧できること

・多くの種類のデータに接続できること

・独自に保有するデータも簡単に利用できること(表計算データ、CSVなど)

5.テンプレートが用意されていること

・データ連携の接続アダプタやテンプレートが豊富であること

・業務で利用できるテンプレートが用意されておりカスタマイズできること

 

◆情報活用サービス

※a4リーフレットから引用しよう!

※これ以降は暫定で抑え

<分野>

1.販売分析

2.デジタルマーケティング分析

3.顧客管理(CRM)分析

4.ソーシャル&テキストデータ分析

5.オープンデータ連携

6.第3データ連携(商用データなど)

7.医薬・医療データ分析

<情報活用・サービス形態>

1.導入支援サービス

2.操作指導サービス

3.情報活用設計開発サービス

4.BIGデータ活用コンサルティング

5.OEM・オリジナル情報活用デザインコンサルサービス

6.定期&スポットテクニカルサービス

◆情報活用ソリューション

1(いずれはテンプレート)