日豪インバウンド分析(特に東北)を紹介しました!

オーストラリア プロファイリング

先日、アトラク東北様主催の勉強会、
「東北へ人を惹きつけるためのイン・アウトバウンド勉強会  オーストラリア編」にて
観光ビッグデータから垣間見る、訪日オーストラリア人の傾向を紹介しました。

オーストラリア人は訪日外国人の中でもいくつか特長的な傾向があります。
国別外客数では中国や米国などより少ない7番目でありながら、
人口比で見ると中国、米国を大きく上回る5番目という、超親日国であることが分かってきます。
更に、
・訪日満足度はトップクラス
・スキーなどのアクテビティが大好き
・個人又はプライベートの旅行客が断然多い
・比較的裕福
などのデータを組合せることで、オーストラリア人に対して心地よい
サービスの提案のヒントが見えてくるのではないでしょうか!

(補足)
※2015年7月の宮城県へのオーストラリア人宿泊数が昨対200%(720名)だったという理由を分かる方いらっしゃればご一報ください!

また、メインスピーカーは宮城出身でオースラリアでビジネスコンサルタントして活躍する
ハイランド・真理子さん。
データの背景についても、実情を踏まえ分かりやすく説明して頂きました。

942849_1027120680686755_7076260109391231420_n

特に印象的だったメッセージが、
「東北の全てが、オーストラリア人にとって魅力」
「東京や京都などの真似ではなく、東北の良さを自信をもって伝えればいい」との言葉。
励まされますね!

この素晴らしい機会を作って頂いた、アトラク東北・後藤さんに感謝です!

関連記事

コメントは利用できません。